いつか誰かを愛せる時まで、僕はただのマリオネット
<< サヨナラと笑顔で言えたなら main 今アタシにできることを >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- - -
あの草原の輝きや草花の栄光が帰らなくても
先日、高校の時の担任の先生からメールが届いた



TVでやっていたいい詩があったと教えてくれた

ワーズワースというイギリスのロマン派詩人の書いた詩だった



アタシは正直、詩に関しては詳しくなかったのでこの人のことは知らなかったが

有名な人物だったらしい

アタシは専ら長い小説等からいろいろと想像したりすることが多いからだ



最近は読み進まないがシェイクスピアの『リア王』を読んでいる

これはとあるアニメが影響しているのだけれどw





そして今回紹介されたのがこれだった



あの草原の輝きや草花の栄光が帰らなくても

嘆くのは止そう

残された物の中に力を見出すのだ

かつてのあのまばゆい輝きが

今や永遠に奪われても

例え二度と戻らなくても




クリミナルマインドというアメリカのドラマで引用されていたらしい

先生は昔のアタシをよく覚えていたようだ



過去の自分に固執して

新しい何かを見つけられずにいたアタシのことを



今ならこの詩のことが何となくわかる



振りかえり続けても過去には帰れない

昔のようにはいかない

でも全てが終わったわけじゃない



確かに病気で高校はちゃんとは卒業できなかった

大学には行ける資格は取っているけれどそれでもちっぽけなプライドが邪魔をしていた

でも今は少しだけ前を向ける

前を向けている



確かにあの時病気にならなければ思った通りの人生がおくれたかも知れない

でも今、遠回りをして気付いたことが、見えたことがたくさんある

それはきっとアタシにとってとても大切なもの



だから今はこれでいいのだとそう思える





未だに気にかけてくれている先生に感謝しつつ

今この文を書いている



先生、アタシはあの頃から少し変われていますよ







続きで返信



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



たっくん様

こういった病を抱えている人には
定期的にこういった周期が来ますので
いつものことです
癖やコンプレックスは誰にでもあることではないかと
ご心配ありがとうございます
日記 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト



- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://mw-623.jugem.jp/trackback/1863
trackback
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
ブログランキング
Mobile
qrcode
Sponsored Links