いつか誰かを愛せる時まで、僕はただのマリオネット
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- - -
夜月 夾の軌跡
幼少

人と関わるのが苦手
幼稚園では二学年上の女子二名に抓るなどの虐めをうける


小学校

一年

とにかくやんちゃ
廊下に立たされることもしばしば


二年

付き合っていた友達にハブられるが気付かず
後に親友と呼べる新しい友人が3人(A、I、S)できる


三、四年

特に何事もなくすごす
週7日を習い事に費やす
四年次より塾に通いだし
(レベルの低い学校の)頭のいい子達の仲間に入る
所謂優等生の部類だ
その中では一番頭が悪い半端者
3人の親友を面倒臭くなる度に一人ずつハブく
後から考えればこれは軽い虐めだった
世界は自分中心で回っているかのような振る舞い
男子と野球やサッカー、バスケにうちこむ


五年

学級崩壊
担任と意見が合わず口論になることが多々
率先して悪戯をする
相変わらず男子と外遊び
学年末に面倒臭くなり親友達と絶交
一緒に遊んでいる男仲間に
野球チームに入らないかと誘われるほどおてんばだった


六年

親友と和解
担任にいたく気に入られる
私がいれば授業をサボっても誰も怒られなかった
代表委員に選出され人の上に立つ事が好きになる
あいもかわらず外でスポーツ三昧の休み時間
そのころ塾の友人に悪口を言われたりシカトされるようになる



中学

結局公立に進学
水泳部に所属

一年

入学式で新入生代表の言葉を読む
瞬く間に学年の有名人へ
前期に学級委員を務める
クラスのリーダー格の女子に食ってかかりその一味に一年間嫌がらせをされる
親友のAが不登校になり虐めをした加害者の濡れ衣を着せられる
残り二人の親友I、Sはなにもしてくれなかった
寧ろ根も葉もない噂の方を信じた
毎朝そのAの家に学校に行こうと誘うために通う


二年

バレエでコンクールに挑戦
前期学級委員を務める
同じ学級委員の女子に会う度ブスだの馬鹿だの罵声を浴びせられるようになる
何があってもいつも側にいてくれる男友達Kができる
冷やかしの対象になるが気にならなかった
不登校の親友Aを説得し学校に復帰させるも
私の言った「ちょっと待ってて」の一言でまたAは不登校に
「夾のせいで学校に行けない」とAが共通の友人に漏らしていたため連絡を絶つ
冬頃から情緒不安定に
自傷行為開始
その頃から「如月 柚樹」の名でブログを始める

三年

理科室で男子数名と放課後に非公認の理科部として多大なる被害をもたらす

4月
リストカットが始まる
Kにカミングアウト
養護教諭に体調不良を訴える
内科検診で来ていた医者にリストカットがばれカウンセリングを受けることに
抑鬱気味であるため心療内科の受診を勧められクリニックに通いはじめる
「鬱」と診断される

6月

成績ほしさにスピーチの題材を『鬱病の自分』にする
クラス全員にカミングアウト
同情を誘うという汚い手に出る
トリを飾ったせいかクラスの投票で一位に
男友達Kと仲たがい、絶縁に
塾も休む

8月

バレエのコンクールに挑む
夏祭りに親友のIが不登校の親友Aを連れて来て彼女が鬱であることを知る
それ以降また毎朝Aの家に学校の様子を書いた手紙や交換ノートを届けに行くようになる

9月

塾に再び行きはじめる
長く受験勉強から離れていたため
志望校を県一位の公立から三位に落とす

12月

不登校の友達Aに
夾達といると辛いと
縁を切られる

2月

受験

3月

無事志望校に合格
クリニックにも行かなくなる
仲たがいしていた男友達Kと元に戻る



高校

コンタクトにメイクばっちり
地味で弱そうなイメージが嫌だった
学年に化粧をしている人はごく少数
いわゆる目立ちたがり
少し悪になりたかった

一年

バスケ部に入部
なかなか馴染めず
気が付けば同輩の嫌われ者に

5月

中三の時のクラスメイトが亡くなる
それから夏まで体調を崩す

7月

部活の合宿で酷い過呼吸を起こす
毎晩のように泣いていたところ
同学年のマネージャーHが親身に話しを聞いてくれ部活にも大分馴染む

8月

文化祭の総取締役をまかされ
自分の部活が休みの日は全て準備に当てる
そこで信頼を勝ち得友人が増える

9月

文化祭
体調を崩し
遅刻が増える

2、3月

体調が崩れだす
合唱祭
全てを取り仕切る事に
情緒不安定になっていたため
途中で感情が爆発
マネージャーの女の子がまた話しを聞いてくれる
無事本番を終える
毎年先輩たちの引退前に贈る千羽鶴を部員で作っている際
自分の仕事をやってこなかった子に付き合わされ「めんどくさい」と言ったのがきっかけで
また仲が余計に悪くなる
部活は公式戦があったが
試合中にベンチに座っていたにも関わらず一試合で3度過呼吸を起こし体調に不安を覚える
それ以降体育館に入れなくなる



二年

4月

再度クリニックに通いだす
パニック障害と診断される
リスカも再開
教室に入れなくなる
部活も疎遠になった
一年の打ち上げで過呼吸で倒れる
それ以来打ち上げ、同窓会は全て欠席

5月

休部をすると部員に告げると
その日キャプテン以外の全員に呼び出され物陰に連れ込まれ言いたい放題言われる
その後顧問が状況をプレーヤーに伝える
授業はよく抜け出して中庭でぶらぶらする日々を送る

6月

窓に座って空を眺めていたところを通りがかった先生に取り押さえられる
飛び降りと勘違いされたらしい
担任に親に電話をされる
食べ物が食べられなくなる
大きな病院に移る
体育祭に出る
唯一許されていた出場競技を他の子のわがままで取られる

7・8月

医者と反りが合わず元のクリニックに戻る

9、10、11月

リストカット、OD
部活に復帰
学校を休むようになる
部活だけに登校するようになる
部員(同学年)との仲は最悪
一緒に帰ることを強要されるも一緒にいながら話しかけられることは皆無
これは引退まで続く
授業にたまに出ても机は廊下に出していた
その姿に友達からは「授業でないの?」
直後に教室で机や椅子を蹴って暴れる

12月

再び部活を休部
学校に戻る

1月

部活に親に猛反対されながらも復帰

2、3月

合唱祭の指揮者になるも
クラスメイトに
「夜月さんには任せられない」と言われ降板
先輩の卒業式が終わるのを体育館前で待つ
流石に寒かったのを覚えている


三年

前半

一日一コマだけ受ける日々が続く
それでも卒業だけを目指し学校に通う日々
夏休みに親が呼び出され「卒業は無理」と言われたところから体調を崩す

後半

学校に通わなくなる
月に一度、カウンセリングのためだけに登校
卒業を諦める決心をし
高等学校卒業程度認定試験を受ける

2月5日

高校を退学

3月6日

私服で卒業式に行く
浪人生活が始まる

2010年

4、5月

体調を崩す

6月

体調が回復
塾に行き始める

7、8月

高校の部活に顔を出し
足を怪我する
体調が降下気味に





随時更新



夜月 夾の詳細 comments(0) trackbacks(0)
1/1PAGES
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Links
Recommend
ブログランキング
Mobile
qrcode
Sponsored Links